【比較】FLR(フレア)ステーキング委任先(バリデータ)の選び方とは

こんにちは、たこのりです。

FLRのステーキングに「Bifrost」が対応したことで利用者が増えてきている印象です!

たこのり
僕もこのタイミングで始めました!

僕自身始めるにあたり情報を集めていたのですが、、

一番大切だと感じたのがステーキングの委任先(バリデータ選び)です!

デリゲートと一緒で委任先で報酬率が違うの?
どうやって確認したら間違いなく選べる?
たこのり
簡単に「FlareMetrics」の見方を知っておくのがオススメ

そこで、FLRを無駄なくステーキングする為の委任先(バリデータ)の選び方について記事にしてみました!

(始めたばかりで解釈誤っている点がありましたらご容赦ください、DYOR)

この記事でわかること

✅FLRステーキング委任先(バリデータ)選びの考え方

✅オススメの委任先(バリデータ)の探し方(「FlareMetrics」の見方)

たこのり
都度条件が変わるので100点ではなく80点を取る選び方を覚えましょう

尚、FLRのステーキングについて詳細知りたい方は以下の記事をご覧ください。

そして、FLRのステーキングにはFLRを国内取引所口座から送金する必要があります。

国内取引所でオススメなのが購入手数料が安く送金も早い「bitbank(ビットバンク)」	です!

「bitbank(ビットバンク)」	口座がない方はサクッと最短10分で開設することもお忘れなく!

(①口座開設は無料、②入金で1,000円CPを常時実施、③招待コードなし!なので思いたったが吉日!)

bitbank
注意点

当ブログは【ビットバンク株式会社】【SBI VCトレード株式会社】始め、各プロモーションに参加しています。

この記事の内容は価格や利益など保証するものではなく、万一不利益があった場合も責任は負えませんので予めご了承ください。

一部情報の更新が間に合わない場合がございます、最新情報は公式サイトからご確認、ご判断いただくようようお願いします。

投資にはリスクがあることをご理解の上、最終ご自身の判断でお願いします。

FLRステーキング委任先(バリデータ)選びの考え方とは

最初にFLRのステーキング先の選び方の前提条件を知っておきましょう。

その後、実際の「FlareMetrics」の見方で流れも見ていただけるのでざっくり把握でOKです!

たこのり
変に細かく覚える必要ありません、後で補足するので

FLRステーキング委任先の基本的な考え方

ステーキングの委任先を選ぶにあたり把握しておくべきポイントは大きく以下です。

ポイント

✅全ての委任先(バリデータ)のTotal Stakeが5%未満か?

✅委任先(バリデータ)のSelf Stakingが15倍未満か?

※上限は2億とのこと

✅Uptimeが80%以上か?

✅手数料が安いか?

✅EndTimeが預けたい期間を満たしているか?

まずは考え方を詳しく確認していこう

一つの委任先(バリデータ)に集中させない設計

FLRはバリデータなどの参加者の力を極力分散させることで健全なネットワークを作ろうとしています。

その為、例えば5%以上一つの委任先(バリデータ)に集中すると報酬がもらえなくなる可能性が出てきます。

たこのり
話題のGoogleCloudさえ5%以上ではダメなのです

後述しますが、選択するときにはあまり選ばれていない委任先(バリデータ)を選ぶのがオススメです。

Uptimeは簡単いうと稼働率

ステーキングで正しく報酬を得るには積極的に稼働している委任先(バリデータ)を選ぶ必要があります。

その指標となるのがUptime、簡単に言うとアクティブ率です!

目安は80%以上と言われていますが多くは100%なのであまり気にする必要はないかもしれませんが覚えておきましょう。

FEEは安いほどよい!

デリゲートと異なりステーキングでは委任先(バリデータ)により報酬に差はないと言われています。

ただし、委任手数料は差があります。

結論としては報酬に差が出るってことなんだね

なので最低限の条件が整っていたらFEEが安い委任先(バリデータ)を選ぶと良いと思います。

FLRエアドロ(FlareDrop)に合わせた期間を選べるか?

個人的にはいつまでステーキングが可能か?も重要だと思っています。

エアドロップのスナップショット期間中にステーキングが終了するとタイミング悪くスナップショットがされない可能性があります。

エアドロされる日(余裕を持ってプラス1日)を終了日に設定できる委任先(バリデータ)を選ぶと無駄がないかと思っています。

たこのり
期間の考え方は始まったばかりなので意見が変わるかもしれません

尚、FLRのエアドロップは誰でも参加できます。

そちらが気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

別途特典(ユーティリティ)を設ける場合もあり

バリデータによっては独自の特典を設けている場合もあります。

FLRを多くもらえることを優先しつつ、魅力ある場合は優先して委任するのも一つの考え方だとは思います。

ご自身で価値ある情報か?を必要に応じてチェックしていきましょう!

たこのり
この特典については今は優先して選んでいません、紹介までとなります
bitbank
スポンサーリンク

オススメの委任先(バリデータ)の探し方とは

基本的な考え方を確認した後は実際にオススメの委任先(バリデータ)の選び方確認していきましょう。

委任先(バリデータ)選びの流れ

「FlareMetrics」からFEEが安い順に委任先(バリデータ)を並び替え

✅FEEが安く条件を満たした委任先(バリデータ)を選ぶ

たこのり
どちらもパソコンの方が見やすいですがスマホでも見れるので大丈夫です!

FlareMetricsで委任先(バリデータ)を選ぶ流れ

早速ですが「FlareMetrics」へアクセスすると以下の画面が表示されます。

そうしたら下の画像の指マークの箇所からFEEが安い順に委任先(バリデータ)を並び替えましょう!

たこのり
最初にお得順にして、上位で問題ないものを選ぶと決めやすいです

本記事作成時では、FEEで並べ替えると以下のようになりました。

後は、画像のポイントで問題ないことを確認し上位の委任先(バリデータ)を選べばOKです。

NoRewardsって書いてあったら選ばないでね

選ぶ時点でFreeSpace(空き)があってもギリギリのは選ばない方が良いです。

その辺りも赤で警告がされるので、警告がないか?チェックしましょ
たこのり
一人で最低50000は埋まるから100万以上空きがあると良いと思います

今回でいうと、「A41」または「ANKR」を選ぶのが大きく外れない選び方になると思います!

(必ずしもではない点はご理解ください)

委任したいバリデータを決めたら後はから実際に登録するだけです!

お疲れさまでした
bitbank
スポンサーリンク

ステーキングの委任先(バリデータ)選びは80点でOK

いかがでしたでしょうか?

ステーキング委任先選びは他の人の動きに左右される側面があります。

100点を狙わず最低限問題ない委任先(バリデータ)の選び方を知っておけばステーキングはもう怖くなくなると思います。

せっかく運用するなら不要に損することがないよう覚えていただければと思います。

たこのり
委任の都度「FlareMetrics」チェックがオススメ!

最後に、FLRのステーキングにはFLRを国内取引所から送金する必要があります。

国内取引所でオススメなのが購入手数料が安く送金も早い「bitbank(ビットバンク)」	です!

「bitbank(ビットバンク)」	口座がない方はサクッと最短10分で開設することもお忘れなく!

(①口座開設は無料、②入金で1,000円CPを常時実施、③招待コードなし!なので思いたったが吉日!)

それでは、また。

bitbank
注意点

当ブログは【ビットバンク株式会社】【SBI VCトレード株式会社】始め、各プロモーションに参加しています。

この記事の内容は価格や利益など保証するものではなく、万一不利益があった場合も責任は負えませんので予めご了承ください。

一部情報の更新が間に合わない場合がございます、最新情報は公式サイトからご確認、ご判断いただくようようお願いします。

投資にはリスクがあることをご理解の上、最終ご自身の判断でお願いします。

スポンサーリンク
おすすめの記事