HEAL3とは?アスターM2Eの概要や始め方、稼げる仕組みを一から解説!

こんにちは、たこのりです。

STEPNを皮切りに日本でもMove2Earnという言葉が知られるようになってきました。

健康を保ちながら報酬を得る新しいトレンドですが、AstarNetwork上に「HEAL3」というM2Eアプリがあります。

たこのり
ステーキング報酬含めて話題のプロジェクトです!
「HEAL3」ってなに?
どうやって始めるの?稼げる?

そこで、「HEAL3」について概要や始め方を記事にしてみました!

この記事でわかること

「HEAL3」とは(概要や特徴)

「HEAL3」の始め方

たこのり
M2E初めてという方にもオススメ

「HEAL3」アカウントを作成する場合は、ぜひ以下の招待コードをご活用ください!

アプリ招待コード(コピペ)

XmbB5cI1879

bitbank
注意点

当ブログは【ビットバンク株式会社】【SBI VCトレード株式会社】始め、各プロモーションに参加しています。

この記事の内容は価格や利益など保証するものではなく、万一不利益があった場合も責任は負えませんので予めご了承ください。

一部情報の更新が間に合わない場合がございます、最新情報は公式サイトからご確認、ご判断いただくようようお願いします。

投資にはリスクがあることをご理解の上、最終ご自身の判断でお願いします。

HEAL3とは?概要と特徴

まずは「HEAL3」についての概要をまとめていきます。

たこのり
詳細は「HEAL3ホワイトペーパー」もご覧ください

HEAL3とは

「HEAL3」は2022年に誕生したブロックチェーン技術を活用したヘルスケアアプリです。

「HEAL3」では ゲーミフィケーションを通じて、ユーザーが楽しく健康習慣を身につける仕組みを提供しようとしています。

その第一歩がM2Eでまさに歩いて稼ぐ世界の実現を目指していますが、将来的には睡眠や食事でも同様の流れを作っていくことを計画しています。

ユーザーは3種類のNFTをアバターに装着させてUHTを稼ぐ

「HEAL3」では、①トップス②ボトムス③シューズの3種類のNFTがあり、アプリ上でアバターに装着させることができます。

「HEAL3ホワイトペーパー」より転載
たこのり
最安は3つで600ASTRです※記事作成時点

NFTを装着して実際に運動をするとゲームトークンであるUHTを稼ぐことができる仕様です。

NFTにはコモンからレジェンダリーの5つのレアリティが用意されており、レア度が高いNFTほどステータスがよく高値で売買されやすくなります。

販売プラットフォーム変更を控えているので一旦リンクは置いてないよ

どのNFTを使い、どうNFTをパワーアップさせるか?がポイントになりますね!

NFTはブロークンシステムを採用

「HEAL3」を継続的なものにするためにNFTの全体数を抑制するためのブロークンシステムを採用しているとのこと。

(NFTの発行自体は制限なし)

ブロークンしても修復は可能との説明があるのでそんなものか程度で覚えておけば十分だと思います。

HEAL3のトークノミクス($UHT・$GHT)

「HEAL3」では、$UHTと$GHTの2つの仮想通貨を取り扱います。

それぞれの位置付けも確認しておきましょう。

$UHTとは(ユーティリティトークン)

AstarzkEVM上で発行されるトークンで、ユーザーがアプリでゲットしたUHTを$UHTに交換することで出金できます。

たこのり
法的にゲーム内流通はポイントとして扱い、ゲーム外では仮想通貨として扱うという整理みたいです

実際のユーティリティは以下となります。

「HEAL3ホワイトペーパー」より転載
ゲーム内のあれこれに使えるってことね

尚、発行枚数に上限はないのですが、Store機能でAmazonギフトカードなどに固定比率で交換できるため価格を安定させやすいと見込んでいます。

たこのり
逆に爆上がりもないかもしれませんが継続して稼ぐには良いかと考えています

また、近々AstarzkEVM上のDEXで上場予定と言われています。

$GHTとは(ガバナンストークン)

こちらもAstarzkEVM上に発行されますが、$UHTと異なり発行枚数は5億枚と上限があります。

「HEAL3」のエコシステムを支えるガバナンストークンとして今後より詳細の役割に期待です。

現行でわかっているユーティリティは以下です。

「HEAL3ホワイトペーパー」より転載

$GHTについてはMEXCという取引所への上場が決まっています!

しっかり価値がついてくると良いなと思っています。

dAppステーキングの仕組みを使い持続的な活動を目指す

M2Eで気にしたいのがサービスの安定性です。

たこのり
STEPNなどで大儲けした方もいれば大損した人もいるはず・・・

どうしても独自トークンだけで経済圏を作るとそのトークンの価値に影響されてしまいます。

その点、「HEAL3」はAstarNetworkのdAppステーキングという仕組みを採用しており、ゲーム以外の収入も確保できやすい環境にあります。

直近でユーザー還元も力を入れており結果としてかなり支援を受けられるプロジェクトになってきています!

還元については以下の記事を見てね

「HEAL3」をやる方は合わせてdAppステーキングも行うと二度美味しいので合わせて以下の記事もご覧になってみてください。

アプリ招待コード(コピペ)

XmbB5cI1879

スポンサーリンク

HEAL3の始め方とは

では、実際に「HEAL3」を始める準備をしていきましょう!

HEAL3アプリでアカウント作成

まずはアプリストアから「HEAL3」アプリをダウンロードしてください。

アプリを開いたらまずは初期設定としてアカウント作成をします。

一緒に流れを確認していきましょう。(流れは簡単ですよ)

招待コードはぜひ以下をご活用ください!

アプリ招待コード(コピペ)

XmbB5cI1879

これでアカウント作成が完了です。

ウォレット作成or接続

続いて、NFTを装着するためにウォレットをリンクさせていきます。

「メタマスク(MetaMask)」を持っているか?どうかで決めていただければと思います。

「メタマスク(MetaMask)」を別途作って接続した方が柔軟性あるかな?と思っています。

NFTの売買でウォレット結局必要なので

以下の記事を参考に事前にアカウント作成することをオススメします。

たこのり
一応両方のやり方を紹介しますね

HEAL3で作成する場合

以下の流れで作成していきましょう。

MetaMaskを持っている場合

こちらの場合は、ウォレット接続すればOKです。

これで土台は完成です!

NFTを購入

最後に、「HEAL3」で販売されている①トップス②ボトムス③シューズの3種類のNFTを購入しましょう。

※今現在、アナウンスが出ていますが停止中につき再開されて状況がわかったタイミングで追記します

https://twitter.com/HEAL3ofr_jp/status/1802175168737141228
たこのり
選択肢や選び方を含めて別記事にする予定です
お疲れさまー
アプリ招待コード(コピペ)

XmbB5cI1879

スポンサーリンク

稼ぐ準備ができたらコミュニティにも参加してみよう

アプリの準備ができたらあとは歩くだけ!

ただ、より効率的に「HEAL3」を楽しむためにこれから紹介することも一緒にやっておきましょう!

Zealy(HEAL3)登録

「HEAL3」では、コミュニティを活発にするために「Zealy(HEAL3)」を採用しています。

ミッションをこなすことでゲームで使えるNFTがもらえますので「Zealy(HEAL3)」登録がマストです!

以下のリンクから早速登録しておきましょう!

尚、「Zealy(HEAL3)」の詳細が気になる方は以下の記事をご覧いただければと思います。

HEAL3ディスコードへの参加

「HEAL3」を始めたばかりは特にわからないことも多いかと思います。

そんな時には「HEAL3」を楽しむ仲間がいるディスコードに登録しておくと気軽に相談に乗れますよ!

先ほど、紹介した「Zealy(HEAL3)」のミッションにも一部繋がるのでぜひ参加いただければと思います。

コミュニティに参加したらあとは歩いて稼ぐだけ!

いかがでしたでしょうか?

これでまずは第一歩を歩み出せるかと思います!

「HEAL3」はアスター内の注目も高まっていますしまもなくトークンの上場も予定されているプロジェクトです!

楽しく稼ぎたい!という方はぜひトライしてみてください!

たこのり
アカウント作成後の具体的な遊び方は別途記事にしたいと思います

最後に、「HEAL3」アカウントを作成する場合は、ぜひ以下の招待コードを使っていただけたら嬉しいです!

アプリ招待コード(コピペ)

XmbB5cI1879

注意点

当ブログは【ビットバンク株式会社】【SBI VCトレード株式会社】始め、各プロモーションに参加しています。

この記事の内容は価格や利益など保証するものではなく、万一不利益があった場合も責任は負えませんので予めご了承ください。

一部情報の更新が間に合わない場合がございます、最新情報は公式サイトからご確認、ご判断いただくようようお願いします。

投資にはリスクがあることをご理解の上、最終ご自身の判断でお願いします。

スポンサーリンク
おすすめの記事